QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fateシリーズ考察・雑感5 マスターたちの令呪の使い方を検証してみた

「Fate/Grand Orderの令呪の使い方」での検索でなぜかこちらに流れ着くようなので…。
FGOの令呪の使い方についてはこちらにちょろっと書きました。
Fate/Grand Orderをちょっとプレイしてみての感想&レポート

PCのドキュメントを整理していたら、使えそうなメモを見つけたので、適当企画第五弾。
マスターたちの令呪の使い道を列挙して適当にコメントをつけました、という毒にも薬にもならない内容です。
この、適当なメモ…大丈夫なのかな…。
間違いがあったら教えてください。

Fateの主従関係がおもしろいのって、この令呪の存在が大きい気がします。
三回きりしか使えないけど、使えば自分たちの力ではできないことも成し得ることができる。
でも、使い切ったら自分のサーヴァントに殺される可能性もある…。
サーヴァントはロボットではなく、ちゃんと人間としての感情を持っているので、使い用によっては反感を持たれてしまう可能性もある…。
この令呪をどう使うかの駆け引きもおもしろいなと思います。

(注意)
・対象はstay nightとZeroのようです。
・令呪発動時の台詞があるものは、一緒に載せていますが、台詞はどちらも原作から抜粋。
(アニメのみ台詞があるものはアニメから。)
・①②③はそれぞれ何回目の令呪使用かを表していると思ってください…。
ネタバレにはお気をつけください


Fate/stay night


衛宮士郎
→セイバー

(セイバールート)
ライダーに襲撃され、校舎の3階から突き落とされた際に、家にいるセイバーを呼ぶ
-来てくれ。いや―来い、セイバァァァアアア!!!!」
-セイ、バー。―頼む、来てくれセイバー……!」

→まさかのライダーからの回し蹴りをくらい、校舎内の廊下から窓を破って突き落とされるというバイオレンスな展開となりましたが、地面に叩き付けられることなく、家から瞬間移動してきたセイバーが受け止めてくれました。
なお、令呪を使わない選択肢を選ぶと転落死します (笑)

自分の消滅を覚悟でバーサーカー相手にエクスカリバーを使おうとするセイバーに宝具を使うなと命令
使うなセイバー―!!!!!

→止めたからには自分でなんとか倒します。
セイバーの剣を投影して、バーサーカーを7回倒すというチートぶり。
主人公補正投影魔術とセイバーの剣の威力半端ない。

聖杯を破壊してくれ
-セイバー。その責務を、果たしてくれ

→セイバーの悲願であった聖杯獲得ですが、Zeroの切嗣独断とは違い、セイバーの同意の上で破壊を命令。


(凛ルート)
アーチャーに斬りかかるセイバーを制止
や―止めろ、セイバーーーーーー!!!!!!

→アーチャーの後ろに凛がいることに気づき制止。
これをしなかったセイバー・桜ルートでは、アーチャーはセイバーに負わされた怪我でだいぶ長いこと戦力外に…。
もちろん止められてセイバーは怒る。

ライダーに学校の結界を発動されてしまったので、セイバーを学校に召喚
-頼む。来い、セイバー―!!!!

→セイバーは霊体化して学校に連れて来られないため、例によってお家でお留守番だったので仕方なく。
そもそも事あるごとにアーチャーを家に置いてくる凛さんも悪い。

大河が人質にとられている状態でキャスターを襲おうとするセイバーを制止
―だめだ、止めてくれセイバー……!!!!

→結果、藤ねえは助けられますが、セイバーはキャスターに奪われました…。


(桜ルート)
未使用。
使用する機会が来る前にセイバーが黒い影に…。


遠坂凛
→アーチャー

今後、自分に絶対服従!
Anfang……!(セット)
Vertrag……!(令呪に告げる)
Ein neuer Nagel(聖杯の規律に従い)
Ein neues Gesetz(この者、我がサーヴァントに)
Ein neues Verbrechen-!(戒めの法を重ね給え)
うるさーい!いい、アンタはわたしのサーヴァント!
なら、わたしの言い分には絶対服従ってもんでしょうーーー!?


→アーチャーとの口喧嘩バトルに終止符を打った命令。
ちなみにこの呪文も含めた凛のドイツ語、それっぽい単語の名詞を使っていますが、日本語はものすごく意訳しています。
本来であれば効きが弱い曖昧命令ですが、凛の魔力が強かったためにアーチャーが凛の命令に逆らおうとすると、体が重くなる症状に見舞われることになった。
こんな曖昧なことに令呪を使ってしまい呆れられるも、凛の力をアーチャーに認められたので結果オーライ。
それをいいことに最初に凛が彼に命令したことは、召喚で散らかった居間の掃除…。

(プロローグ、セイバールート、桜ルート)
セイバーに倒される寸前のアーチャーを避難させる
「―アーチャー、消えて……!
(台詞はプロローグのみ)

→自分を命がけでかばってくれたアーチャーをセイバーから守るために強制的に霊体化させて避難させた。
アーチャーがセイバーにびっくりして本気を出せなかったために、聖杯戦争第一日目にして、すでに二個目の令呪を使うはめに

(凛ルート)
協力関係にある限り、絶対に士郎を襲うな

→アーチャーが単独行動をして柳洞寺で士郎を襲ったことを知り、令呪を使用。
アーチャーがアサシンとのバトルで負傷した上に魔力がすっからかんな状態で帰ってきて、正直に事の顛末を報告したので、発覚してしまったらしい。
この令呪の縛りがあった故に、後にアーチャーは彼女との契約を切るためにキャスターの軍門に下る決意をすることに。

→セイバー

(凛ルート)
聖杯の泥にダイブしようとするセイバーを制止
―待った……!ダメ、セイバーは入ってこないで……!

→聖杯の泥にサーヴァントが浸かれば、ただでは済まないので、制止。
(「あのドロドロに触ると死ぬぞ!」byアシタカ)
セイバーの力を借りずに慎二を連れて逃げようとする凛を助けてくれたのは、消滅したはずのアーチャーさんでした。


間桐桜
→ライダー

慎二にライダーを譲る(間桐慎二の指示に従え)

→聖杯戦争で士郎と戦いたくない桜さんは仕方なく、ライダーを慎二に譲り、代わりに聖杯戦争に参加してもらうことに。
令呪代わりに令呪の役割をする本を魔術で作ります。
そのため、魔力がない慎二とライダーがやった悪事(?)は作中通り。

(桜ルート)
慎二にライダーを譲る(二回目)

→セイバーに敗れ、一度は令呪の本を失った慎二ですが、悔しいのでもう一回桜に頼んで作ってもらうことに。
いくら自分が戦いたくないからって、慎二が士郎を傷つけていることに変わりはないのであった…。

この先何があっても先輩を、最後まで守ってあげて
最後の令呪です。お願いライダー、この先何があっても先輩を、守ってあげて

→自分で臓硯を倒すことを決意した桜は、ライダーを置いて衛宮邸を去る。
その際に最後の令呪を使用。
これだけならいいのだが、後にライダーが桜の攻撃から士郎を庇うと怒ります
理不尽…。


言峰綺礼
→ランサー

マスター交代に賛同しろ

→ランサーを召喚したバゼットさんから不意打ちで令呪を強奪。
ランサーに自分がマスターに成り代わることへの賛同を強要する。
聖杯戦争慣れてますねって感じの対応。

各サーヴァントとの初戦は様子見に徹し、引き分けて生還すること
おまえは全員と戦え、だが倒すな。一度目の相手からは必ず生還しろ

→「相応しいマスター」に聖杯を完成させてほしい綺礼さんは、ランサーを使って情報集めに徹することに。
楽しいバトルがしたかったから召喚に応じたようなランサーに対してこの仕打ち
ランサーにとっては大変不本意ですが、「生き延びること」に特化したサーヴァントのクー・フーリンだからこそ遵守できた命令でした。
結果、桜ルートの黒い影付きの真アサシン以外からは見事に生還し、諜報活動の役割を全うする。

(凛ルート)
ランサーを自決させる
では命じよう。―自害しろ、ランサー。

→Zeroに続くランサークラスの悲惨さを決定づけた命令。
凛を殺せという命令を突っぱねたランサーに代わりに下された命令は、邪魔になったランサーを自決させるというもの…。
彼らは本当にマスターに恵まれないですね…。
綺礼の人でなし!
令呪には抗えず、自分の心臓を穿つランサーだが、ただでは死なない彼なのであった。


葛木宗一郎
→キャスター

未使用。
そもそも令呪自体ない…。

キャスター
→アサシン

柳洞寺山門の門番をすること

→ほぼ地縛霊みたいな小次郎さんにはまあ、適した任務であるとは言える。
守りに特化したアサシンは寺に来たバーサーカー、ランサー、セイバー(1回目)すらも通さず、任務を全うする。
ただし、キャスターが「驚いてテンパっている姿を見たい」というただそれだけのためにアーチャーを見逃すというやる気のなさを凛ルートで見せてくれる。


イリヤスフィール
→バーサーカー

(凛ルート)
ギルガメッシュに殺されそうなバーサーカーを強制撤退させる
やだ―戻って、バーサーカー……!

→ギルの「天の鎖」により、阻まれてしまいます。
「天の鎖」は相手の神性が高いほど、束縛の効果を増すので、ギリシア神話の神ヘラクレス相手では令呪を以ってしても逃れることはできませんでした。
その後の展開は言わずと知れた作中屈指のバイオレンス。
ギルの人でなし!

おまけ
キャスターを召喚したマスター
→キャスター

①②③どうでもいいことに令呪を使用

→キャスターにのせられて令呪を使い切ったところで、殺されてしまいました…。
どんなことに使ったのかは不明。

(追記)UBWアニメでまさかの追加設定が披露されました
キャスターの宝具を自分に使うことを阻止する
令呪を以て命じる。私に貴様の宝具は使うな

→アニメオリジナルで名前、容姿が明かされたキャスターの元マスターのアトラムさん。
キャスターの魔術を見て嫉妬と恐怖を感じ、メディアの宝具ルール・ブレイカーを自分に使わないよう命令。
「裏切りの魔女に背中を狙われてはたまらないからね」とのことで聖杯戦争開始前から令呪を使っている人がここにもいました。

②③邪魔になったキャスターを自害させる
君とはここまでだよ、メディア。令呪を以て命ずる。自害しろ、キャスター
重ねて令呪を以て命じる!自決するんだ、キャスター!

→「使えない」サーヴァントのメディアを始末して、別のサーヴァントと契約するために彼女を自害させようと目論む。
ところが、先の令呪で宝具を禁止していたのは自分に対してのみ。
キャスターは逆手を取って自分に宝具を使用していたので、すでに二人の間の契約は切れていたので令呪は発動せず。
アトラム裏切られたキャスターはあっさりとアトラムを殺害するのであった。
え、アトラムさんがなんで契約が切れたことに気付かないのかって…?
アトラムの名誉のためにキャスターさんが偉大な小細工をしたことにしておきましょう…。


このZeroの切嗣のギアス並みに屁理屈契約内容の抜け穴を利用した立ち振る舞い。
見事でございます…。

やはり、自害コマンドはランサー陣営専用コマンドなので発動しなかったのかもしれませんね!


Fate/Zero


衛宮切嗣
→セイバー

アイリスフィールを助けるために衛宮邸へセイバーを向かわせる
令呪を以て我が傀儡に命ず!セイバー、土蔵に戻れ!今すぐに!

→舞弥からの連絡で彼女たちの危機を知った切嗣。
瞬時に移動できる手段である令呪を使って、セイバーを土蔵に向かわせた。
結果は惨憺たるものに終わったが…。
それはそうと「我が傀儡」って呼びかけはひどすぎないか、切嗣さん。

②③宝具で聖杯を破壊させる
衛宮切嗣の名の許に令呪を以てセイバーに命ず―
―宝具にて、聖杯を破壊せよ
第三の令呪を以て、重ねて命ず―
―セイバー、聖杯を破壊しろ!

→聖杯の正体を知り、聖杯を求めることを放棄した切嗣は聖杯破壊を決意。
ギルの婚儀(笑)を妨害し、対魔力が高いセイバーに対して令呪を重ね掛けすることで、聖杯破壊に成功する。
なお、その結果は…。


遠坂時臣
→アーチャー

倉庫街での戦闘からギルガメッシュを撤退させる
令呪を以て奉る。英雄王よ、怒りを鎮め撤退を
(アニメ版のみ台詞あり)

→勝手に出歩いて、衆目の中で宝具を出血大サービスするギルガメッシュを止めるべく、苦渋の決断の末に使用。
大変ご丁寧な謙譲語でのお願い。
ギルさんもさすがに令呪相手なので、命令を受けて渋々撤退。
令呪のおかげかその場でのバーサーカーに対する殺気は消えた(by小説版)が、ギルの怒りはバーサーカーから時臣の方へ
時臣への非難を「さも忌々しげに口元をひくつかせつつ、押し殺した声で吐き捨て」た。
時臣さん、ファイト。


ケイネス・エルメロイ・アーチボルト
→ランサー

バーサーカーに味方してセイバーを倒せ
ランサー、バーサーカーを援護してセイバーを殺せ。令呪をもって命ずる

→バーサーカーがセイバーを一方的に襲う好機にランサーも便乗させようとするが、騎士の誇りを持つランサーに拒否される。
仕方なく、令呪を使って強制。
アーチャー陣営と同じく、ただでさえぎくしゃくした仲なのに、さらに関係に亀裂が入りそうな命令。
「怒りと屈辱で歪みきった悲痛きわまりない表情」を見せるランサーなのであった…。
ランサーはstay nightに引き続き、ろくな令呪の使い方をされない。

自害せよ

→stay nightの兄貴に続く伝統
切嗣にソラウを人質にとられ、ギアスの契約書へのサインを迫られるケイネス。
自分のサーヴァントを残った令呪全てを使って自決させれば、切嗣がケイネスとソラウを殺せなくなる、という契約だったので、ソラウの身を案じ彼女と故郷に帰りたかったケイネスは受諾。
結果、セイバーとの戦闘中だったランサーは自分でも訳が分からないままに心臓を槍で貫き、絶望しながら消滅する羽目に…。
さらに契約書には名前がなかった舞弥にケイネスとソラウは殺害されてしまうのであった。
切嗣が外道と言われる所以…。
切嗣の人でなし!


ウェイバー・ベルベット
→ライダー

①②③ライダーの成功をお祈りします
①「我がサーヴァントよ、ウェイバー・ベルベットが令呪をもって命ずる。
ライダーよ、必ずや、最後までオマエが勝ち抜け
②「重ねて令呪をもって命ずる。
―ライダーよ、必ずやオマエが聖杯を掴め
③「さらに重ねて令呪で命ずる。
ライダーよ、必ずや世界を掴め。失敗なんて許さない

→ライダーの重荷になりたくないウェイバーが最終決戦前に彼を解放するべく、今まで未使用だった令呪の全てをつぎ込んだ。
すでにライダーの夢に心酔しており、彼に純粋に聖杯を取ってほしいと願ったからである。
この令呪三回分のため、ギルガメッシュのゲート・オブ・バビロンの猛攻の中、もう少しという所までライダーは特攻することができた。
何このハートフルな陣営。


雨生龍之介
→キャスター

未使用。
そもそも令呪の使い方を知らない。
たぶん知ってても使わないだろうけど。


間桐雁夜
→バーサーカー

「偽装」能力を使ってライダーに化けろ
途中セイバーに遭遇しても任務を全うしろ
アイリスフィールを攫ってセイバーから逃亡せよ

→悪徳神父・綺礼に騙され、アイリスフィール誘拐に加担した雁夜おじさん。
バーサーカーは雁夜の言う事を聞いてくれないため、令呪を使用。
二つ目は、仮にセイバーに会ってもセイバーを相手にしないで任務を全うしてくれないと困るため、わざわざ使用したようである。
ランスロット、どんだけ…。
結果、セイバーをおあずけされたバーサーカーはイライラ。


言峰綺礼
→アサシン

聖杯問答会場に乱入し、逃げずにライダーと対峙しろ
犠牲を厭わず勝利せよ
(厳密には時臣が綺礼に命じた台詞)

→時臣に命じられるがままに、ライダーの切り札を知るためにアサシンを捨て駒にして調査活動。
圧倒的な力を前に令呪のために逃げ出すこともできずに虐殺されたアサシン×80体(設定資料集、アニメの原画集より)。
はっきり言ってこれ、ライダーが宝具使ってくれなかったら完全に無駄だったよね…という半ば博打みたいな判断で殺されたアサシン。
哀れ。
時臣の人でなし!

→アーチャー
未使用。
アーチャーがいない隙にセイバーかライダーが来たら令呪で呼び戻すかも…と宣言するが、ギルに快諾される。
気に入られてるな、綺礼。



以上。

令呪の使い方は、結構マスターの性格がよく出ていて面白いですね。
特筆すべきは、やりたくないことを強制された挙句、自害させられる二人のランサーたちの悲惨さですが…。

stay nightの少年少女が基本的には自分たちが生き延びるために令呪を使っているのに対し、Zeroのおじさんたちとstay nightの綺礼の大人マスターたちの令呪の使い方が物騒極まりなく、好戦的なのは対照的。
サーヴァントとの友好度が低いと令呪を使って無理やり従わせた場合、最悪恨まれて自分がやられることになるので、気を付けましょう。

令呪のデザイン、なかなかかっこいいですよね。
まさか派生作品も含めて全員分のマスターの令呪がデザインされているとは思いませんでした。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ ←押していただけるとものすごく励みになります。



●Fate/stay night、Fate/Zero考察・雑感
Fateシリーズ考察・雑感1 アプリ「Shimeji」での変換候補がおかしい+おまけ
Fateシリーズ考察・雑感2 みなさんが自分の相棒をどう呼んでいるか検証してみた
Fateシリーズ考察・雑感3 サーヴァントたちによる英雄、英霊、サーヴァント論
Fateシリーズ考察・雑感4 Fate/Zeroのランサー陣営を考える
Fateシリーズ考察・雑感5 マスターたちの令呪の使い方を検証してみた
Fateシリーズ考察・雑感6 サーヴァントたちの私服を検証してみた
Fateシリーズ考察・雑感7 サーヴァントたちのスキルと幸運を検証してみた ~Fate/stay night編~
Fateシリーズ考察・雑感8 第四次、第五次聖杯戦争時のお食事事情を検証してみた
Fateシリーズ考察・雑感9 Fate/stay nightの全BAD END&DEAD ENDを検証してみた
Fateシリーズ考察・雑感10 Fate/Zeroのケイネスはなぜ人気なのか
Fateシリーズ考察・雑感11 サーヴァントたちの私服を検証してみた~Fate/EXTRA CCC編~

●他のFateシリーズに関する記事まとめ
Fateシリーズ関連記事まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。