QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本にいながらアニメの海外版DVDを入手する方法

外国語習得の勉強法で、日本アニメを見るのはどうかとご紹介したので、どうやって海外版を見るのか手段をいくつかご紹介してみようと思います。
以下は日本にいながらにして、入手する方法ですので、基本中の基本(?)の現地調達は省きます。
たぶん一番楽しいのは現地に旅行して、そこのショップで買うことなんだと思いますが…。


1. YouTube

見たいアニメのタイトルと言語を検索すると、アップされている可能性があります。
例えば、『デスノート』の英語版が見たい場合は「deathnote english」などで検索します。

YouTube検索例1

するとずらーっと出てきます。

しかし、字幕はほぼないと思ってください。
日本語字幕どころか英語字幕も表示されていない場合がほとんどです。
ちなみに英語以外の言語で見たい場合は、その言語のタイトルを調べ、見たい言語で検索した方が出ます。
『デスノート』のドイツ語版が見たければ、「deathnote deutsch」みたいな感じに調べると良いです。

YouTube検索例2

ですが、YouTubeは前話収録されているわけではない場合が多いですし、ディズニーなどの著作権に特に厳しい作品はまずアップされていないので、あまり期待しない方が良いです。

最近何かと話題の『アナと雪の女王』は音楽やPVしかまず出てこないです。
(写真は「Die Eiskönigin deutsch」でアナ雪のドイツ語を検索してみた結果。)

YouTube検索例3

著作権的には全然よろしくない方法ですので、見たいアニメのリサーチ程度に考えてください。
ディズニーの歌をちょろっと聞きたいなどの用途ではお勧めですが…。
(こちらは40ヶ国分くらい出ます。)

メリット : 気軽にどの言語のアニメの視聴することができる
デメリット : 字幕がない、全話見られる保証がない、そもそも違法…


2. 海外版DVD取扱い店で購入する

海外版アニメを輸入しているお店で買うことができます。
ネット通販店が大半ですが、たまに紀伊國屋書店などの大型書店の店舗に売っている場合もあります。
(ただしジブリとか有名なもののみ)

Googleなどの検索エンジンで「アニメ 海外版」などで検索すると結構たくさん出てくるので、適当に良さそうなショップを物色してみてください。
個人輸入するよりも安全、外国語に自信がなくても簡単に買えます。
日本のお店なので、言葉の心配はなし!
ほぼ確実に欲しいものが手に入ります。

デメリットは現地で買うよりもだいぶ高いこと。取扱いタイトルが少ないことです。
後にご紹介する海外amazonなどと比べるとだいぶお高いお値段で少し躊躇してしまいます。

【参考ショップ】
DVD + DIRECT
http://www.rakuten.ne.jp/gold/dvddirect/

アニメニア…英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語の取り扱いがあるようです。
http://animenia.shop-pro.jp/

Dank…ドイツ語版DVD・BD専門ショップ
http://www.f-dvd.com/

MERCI…フランス語版DVD・BD専門ショップ
http://www.fr-dvd.com/

メリット : 安全、言葉の心配なし
デメリット : ちょっと割高、タイトルが少なめ


3. ネットオークションで落札する

ヤフオクなどのオークションサイトで「見たいアニメタイトル 見たい言語」(日本語)で検索すると稀に引っかかります。
管理人は「るろうに剣心 追憶編」の海外版を集めていたときに偶然検索して「るろうに剣心 追憶編 欧州語版」という商品に出会いました。
欧州語ってなんだよ…と思いながらも、ろくに確認せずに落札すると、持っていなかったイタリア語版が届いて結果オーライでしたが、顔もわからない個人同士が取引するのがネットオークションですので、商品に対して疑問があればとりあえず出品者に確認してから落札した方が良いと思います。
出品者によって独自のルールを作っている人もいるので、よく説明を読んでから落札するのは鉄則です。

メリット : 場合によっては安めに入手可能
デメリット : ネットオークションなので、取引の制約、トラブルが発生する場合もある


4. 海外版amazonで購入する

圧倒的な品揃えを誇るamazonなので、大抵ほしいタイトルが揃っています。
日本amazonのウェブサイトの下にずらっと海外amazonへのリンクが貼ってあります。

amazon


海外amazonの詳しい使い方はこちらのサイトさんを参考にされるとわかりやすいです。

海外のアマゾン(Amazon)で購入する方法
http://www.j-love.info/amazonnew/

海外Amazon購入ガイド
http://amazon.free-note.net/

私はアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スペインのamazonを利用したことがありますが、これら欧米勢は一つアカウントを作れば使いまわすことができるので、いちいち住所等入力することなくクリックだけでお買い物ができるので、便利です。
サイトのレイアウトは日本と全く同じなので、日本amazonを使用したことがあれば感覚だけで買い物できます

amazon直送の商品でほしいものがない場合は日本同様、マーケットプレイスを使うのも手ですが、あっちの業者がいい加減なのか、日本まで送りたくないのかわかりませんが結構な確率で後になって「在庫なかった。ごめんね。」メールで注文をキャンセルされることがあるので注意。
マーケットプレイスは海外への発送を受け付けていない業者も数多くあります。
また、商品が届かない等のトラブルは滅多にないですが、一度発生してしまうと英語での対応が必要となるので、そこらへんも覚悟しておいてください。

メリット : 日本で入手するより断然安い、タイトルが豊富
デメリット : 万が一トラブルが発生した場合、英語での対処が必要


おまけ 手に入れたDVD・BDをどうやって再生するか

DVD・BD入手前に考えておかなければいけないのが、再生方法です。
というのも、DVD・BDにはリージョンコード(DVD-Videoの再生可能地域を限定するコード。ディスクとプレーヤの両方がそれぞれ固有のコードを持っており、両者のコードが一致しないと再生できない。)と再生方式(PALとNTSCがある。日本はNTSC)というものがあり、再生するディスクとプレイヤーのリージョンコードと再生方式が一致していないと再生できないのです。

DVDの場合
DVDのリージョンコードは日本や西ヨーロッパ勢は2、北米やカナダは1、韓国、台湾は3、中国は6です。
放送方式は日本、北米、韓国、台湾などはNTSC、ヨーロッパ勢、中国はPALのようです。

テレビで見る際は、リージョンフリープレイヤー用意>します。
すると、異なるリージョン、映像方式のDVDを再生できるようになります。
また、ゲーム機の、XBOX(無印/360)がPALに対応しているので、リージョンが同じヨーロッパのDVDなら再生することができるらしいです。

そんなプレイヤー置く場所ないし…という方はDVDドライブが内蔵されたパソコンで見るという手もあります。
リージョンだけが日本と異なり、放送方式が違うヨーロッパのDVDは何も用意しなくてもPCのDVDドライブで見ることができます。
(Windowsに元から入っているWindows Media Playerでも見れます。)

放送形式が違う北米版などのDVDは、UnrealDVD やAnyDVDなどリージョンフリー化ソフトを使ってください。

BDの場合

次にBDですが、北米版のブルーレイはリージョンが日本と同じなので、パソコンや普通のブルーレイプレイヤー、PS3などで再生できます

DVDと違い、ヨーロッパ版のリージョンは日本と違うのでちょっと再生が面倒になります。
リージョンフリープレイヤーもDVDと比べて高価になってしまうので、パソコンでAnyDVDの上位版のAnyDVD HDを使ってもいいかもしれません。

リージョンフリーのディスクであれば日本で売られている一般的なBDプレイヤーで再生できるものがほとんどですが、中には再生方式がPALになっているディスクもあるので注意が必要です。
これに関してはAmazonの情報がまったく当てにならないので、日本のコミュニティなどで再生可能かどうか確認する必要があります。なお、BDが再生できるパソコンであればPALでも問題なく再生できます。

英語版のBDは余程のことがない限り、Amazon.comの北米版ブルーレイだけ購入しておいた方が安全です。

結論を言うと、英語版は、DVDならイギリス版、BDなら北米版を買っておく方が無難です。
これなら、面倒な準備をしなくても、DVDはパソコンで、BDはそのまま持っているBDプレイヤーかBDドライブ付きのパソコンで見ることができます。

にほんブログ村 アニメブログへ ←押していただけるとちょっと励みになります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。