QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニー映画「ベイマックス」感想

今更ながら、ディズニー映画(ピクサーではない。ものすごくピクサーっぽいけど)を観てきたので、超適当に感想を書いておこうと思います。
ディズニー映画好きとしては…やっぱり観ておかないとね…。

(注意)
前半はネタバレなしの雑感、後半はネタバレありです。
まだ観ていない方は、途中で引き返した方が身の為…だと思います。
・近くの映画館が吹き替え版しか上映していなかったもので、吹き替え版準拠です。
・原作は読んでいません。ということで、まったく触れられていません。

E1419529043133_1.jpg

日本人が大好きな要素をこれでもかって詰め込めた映画


この映画の第一印象です。

あらすじは公式サイトなどで見ていただくとして、少年の成長物語、なんだかドラえもんを彷彿とさせるちょっとドジで愛らしい系ロボット(マスコットキャラクター)との交流、仲間と敵に立ち向かうバトルもの、変身する男女混合チームの戦隊もの、戦う理由に苦悩する主人公etc...

なんだか、久々に王道的な週刊少年ジャンプ系作品を観た気がします。
アメリカンディズニー映画なのに。


天才ではあるが、まだまだ感情的になって暴走しがちな14歳の少年ヒロが、完璧お兄さんタダシの意志を受け継ぎ、ケアロボット・ベイマックスさんとの交流で人間的に成長していくところとか。
融通の利かないマニュアル通りのロボットに辟易しながらも、いつの間にかかけがいのない絆が生まれちゃうところとか。
つたない言葉としぐさで一生懸命頑張り、お姉さんや子供のハートを鷲掴みしちゃうロボットくんとか。
裏切られても主人公を見捨てず共闘してくれる仲間たちとか。
変身して異能バトルを繰り広げる主人公一行&敵とか。

どれをとっても真新しいものではないんですが、そのどれもが絶妙な感じにミックスされているので、飽きさせず魅力的な作品になったのではないかなと思います

たぶんジャンプ系漫画好きな人は絶対好きです。

「帰ってきたどらえもん」とか泣ける系アニメが好きな人も絶対好きです。

トトロとかでっかいマスコット系キャラが好きな人もきっと好きです。

ディズニーお得意なベタなギャグも満載です。

なんちゃらレンジャー系が好きな人もたぶん好きです。

ギャグのテンポとかはトイストーリーとかが近いかなーって感じがします。



映像美と魅力的なエセ日本世界観


映像&美術面で言えば、まず圧巻なのがCGの躍動感。
カーチェイスやら大都市の上空を飛び回ったり、空中バトルしたりと動きのあるシーンが多かったのですが、CGが綺麗というか臨場感がすごかったです。
夕日の街を飛び回るシーンを観て、フルCGアニメでここまで表現したアニメってなかなかないんじゃないかなと思いました。
あれは大画面で観たからこそ、迫力があったとも言えます。
というわけで、ディズニーアニメの中でも劇場で観るべき映画の一つと言えると思います。


あとは日本をリスペクトした世界観が新鮮でした。
舞台の街の名がサンフランソーキョー…(笑)
(サンフランソーキョーのコンセプトアートを担当した日本人のクリエイターさんによると、この街のイメージは大分県の別府だそうです。)

外国人による日本的なイメージのごった煮、闇鍋的な雰囲気が上手くアメリカンと融合していました。
いい加減なごちゃまぜ系というより、愛があるというかセンスが良かったです。

餃子専門店があったり、山手線の緑の電車と中央線のオレンジの電車が走ってたり、橋が鳥居風だったり、なかなか日本的なものを見つけるのも楽しかったです。
エンディングの映像もかっこいい日本のモチーフを探してくるのが上手いなーと思いました。



その他雑感


個人的な印象では、この作品がアメコミ風バトルものかハートフルストーリーものかと言えば、間違いなく後者だと思います。

確かにバトルは気合入ってますし、結構時間が割かれているんですけど、主題は主人公ヒロの成長とベイマックスの交流なんだと思います。
あくまでバトルは主人公が心の傷を癒す過程なんじゃないかなー。

ということで、もろバトルものに興味ない女性もご安心ください。


あ、ベイマックスかわいいですね。
もう虜です。
個人的には他のディズニーキャラの〇ッキーやら黄色いクマの〇ーさんやら子猫の〇リーちゃんやらエイリアンの〇〇ィッチやらよりも、このロボットに惚れました。
ハート鷲掴みされました。


そういえば、脇役に中田譲治、立木文彦、甲斐田裕子、大木民夫と有名な声優さんがいっぱい出ていたようです。
まったく気づきませんでした…。


強いて残念なこと言えば、ちょっと大学メンバーの扱いが雑だったなー(笑)
完全にバトルにいたってはおまけ的な扱いだったし。






以下、ネタバレ感想です。





ひょっとして主人公がダークサイドに落ちるのかとドキドキしていました


…そんな心配はディズニーには無用でしたね…。

この作品、ディズニーの伝統だった勧善懲悪ものじゃないんですよね。
私はアメコミにはまったく疎いので、アメコミヒーローものって言ったら勧善懲悪と単純に思っていたのですが、予想を裏切られました(良い意味で)。


この作品の敵は、私利私欲で狡猾なアリステア・クレイと娘の復讐で立ちあがって(大学を全壊させた)ロバート・キャラハン教授がいますが、クレイさんは完全に小物だったので、一応ラスボスはキャラハンということを前提とします。


アナと雪の女王のハンス王子に続いて、またもいい人に見せかけての裏切り野郎なのかと思いきや、目的が娘の仇討とばかりにクレイを狙うというものだったので、なかなか同情しちゃう敵だったわけですが…。
あ、でも邪魔しようとした教え子たち殺そうとしたか…。
というか問答無用で殺しにかかってきたか…。


ヒロとキャラハンが暴走してた理由って、実は肉親の敵討ちという点で一緒なんですよね。
復讐が原動力というのが良いのか駄目なのかは別として、復讐に燃える主人公というのもディズニーには新鮮でした。

お兄さんが人を助けることを願って作ったロボットが、復讐心に燃える弟の心を救ったという綺麗な終わり方も良かったと思います。

兄ちゃんグッジョブだったなー。
人を救いたい気持ちが強いせいで、本人が火事であっけなく死んでしまったのは悲しいですがね…。


主人公と的の大きな違いが、助けてくれようとする人や支えてくれる人がいるかいないかの違いだったわけで、教授はお気の毒ではあります。
でもまあ、復讐のためにヒロもキャラハンも死者を出すことなく終わって良かったです。
これで誰か死んでたら、いくらベイマックスがほっこりシーン作ってくれても、大変後味の悪いラストになること請け合いなので…。


あ、「視点を変えるんだ」とか「もう大丈夫だよ」が後半いい感じに伏線になっていたな、と思いました。
とくに「もう大丈夫だよ( I'm satisfied with my care.)」はまさか最後にあんな形で言わせるとはなー。


そういえば、ベイマックス。
最後のパンチの前に、ケアロボットのプログラムが入ったカードを抜きだして握ってましたが、あれっていつ抜いたの?(笑)

あれをいつ抜いたかで、ベイマックスがプログラム通りにヒロを助けようとしたのか、プログラム抜きの自分の意志でヒロを助けようとしたのかの解釈が変わると思うのですが…。

そしてフレッド…怪獣の着ぐるみ、シュールすぎるだろう…。
シリアスシーンなのにそっちにしか目がいかなくて噴き出しそうになっちゃったじゃないか…。
言いたかったのはそれだけです。

以上!

にほんブログ村 アニメブログへ ←押していただけるとものすごく励みになります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。