QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ「アルスラーン戦記」 感想 第一章「エクバターナの栄華」

こんな記事を書いておいてアニメ本編の感想を書かないのかとつっこまれたので、今更ですが書いておこうと思います。
アニメ化前に「アルスラーン戦記」の原作とコミックを振り返ってみた

Fateみたいな書き方だと時間がかかりすぎて疲弊してしまうので、簡素に…。
原作のネタバレはしていません!

アルスラーン戦記1_1

全体的な印象


話の構成は、概ねコミックス版の第一話通りでした。
原作の小説には一切ないシーンですが、国同士の関係やパルスの状況、人間関係などを来週やるであろうアトロパテネの会戦で一気に説明するのは、アニメの演出としてはアレなので、こういう回があって良かったと思います。
あと、タイトル通り王都エクバターナの栄華時代をちゃんと描いているのも、後の展開とのギャップを考えると必要なところですね。
これからこの街がどんなことになっていくのか、楽しみ心配ですね。

欲を言うと、あまりにコミックス版に忠実すぎて遊びがなさすぎるかなー…というのが本音です。
コミックス版を読んでいる人には若干退屈な回だったと思います。
つまらないというわけではなく、意外性がないという意味で。

印象的なシーンなど


・本作のテーマを提示した回
さきほど挙げた記事にすでに書いてしまったので省略したいところですが、やはりこの作品のテーマをばっちり書いている点は荒川版第一話はすばらしいと思っています。

アルスラーン戦記1_3

なかなかルシタニアの少年もアルスラーンも現代日本人から見るとぶっとんだ考え方ですよね。

パルスもルシタニアも向いている方向や国力は正反対なのですが、差別が当たり前のように存在する国家なので、どちらの言い分も「善」とは言いがたいものがあります。
お幸せなことにアルスラーンは奴隷を良しとしている、それも奴隷になってしまえば支配される代わりに生活が保障されるから楽なのに…と考えてしまうお方です。
今後、アルスラーンの価値観がどう変わっていくかはお楽しみなところですね。


・ギスギスロイヤルファミリー加減がすごい
今回、アルスラーンと父アンドラゴラス、アルスラーンと母タハミーネ、夫アンドラゴラスと妻タハミーネの関係が描写されていますが、この家族のギスギス加減は半端ないですね。
この人たちの仲の悪さの理由は作中で明かされてはいく(予定)と思うのですが、よくこの両親からこの息子が育ったな…と言いたくなる家庭内別居ぶりです。

そう、この仲の悪さは伏線なんです!
意味なく冷え切った家庭をやってるわけじゃないんです!ということで、この人たちの人間関係も今後の楽しみですね。


・田中敦子さんのタハミーネ

アルスラーン戦記1_2

この人です。
イメージぴったりでした。
田中さんは魔女系というか、ドSミステリアス系女性キャラクターが本当に上手いですね。
家臣の前で夫に恥をかかせる塩対応、さすがでございます。

作画、キャラクターデザインetc


ストーリーが良い反面、気になったのが作画やキャラデザでした。
なんというか、ちょっと絵が平坦だなという印象を受けました。
古き良き時代の懐かしいセル画のべた塗りみたいな。

あと、しゃべっているキャラクターが口パクしているだけ(あごやのどが動かない)とか細かい部分で、もうちょっと頑張れるだろうと思ってしまったり…。
写実的な絵がウリのFateを観た後だから余計にそう感じたのかもしれません。

なんだか10年以上前のアニメを見ている気分がしました。


そして、戦闘シーンのCG…。
あれだけの人間と馬を描くのは大変なのはわかりますが、ちょっとCGが安っぽすぎて残念でした。


まあ、そんなことよりも一番つっこみたいのが…。

EDの絵がひどい…というか面食らいました。

アルスラーン戦記ED

アルスラーン、完全に女の子ですよね。
まつげバシバシですよね。
なんだか10年以上前の少女漫画系アニメを観ているような感覚がしました。
本編よりもさらに。

アルスラーン戦記 天野版

こう来て

アルスラーン戦記 丹野版

こう来て

アルスラーン戦記 山田版

こうなって

アルスラーン戦記 荒川版

さらにこうなってからの

アルスラーン戦記ED2

これですからね。

耽美系をやりたいなら、この荒川さんの絵柄はまったく合っていないのではないかと思います。

正直、この耽美絵EDが出てきたことで、このアニメはいったいどの層を狙っているのだろうと不思議な気分になりました。
女の子のような美少年、美青年系が好きな人向けなのかな…。
そもそも原作からして女性キャラクターがほぼいないむさ苦しい作品なので、ひょっとしてアニメでは女性を狙っているのかもしれません。
それなら、イケメン設定キャラをゴツイ系ではなく、もうちょっとしゅっとしたイケメンにしたまえ…。

…本音を言うと、そもそも個人的に勝手に思い描いていた「アルスラーン戦記」のイメージと荒川さんの絵柄がかけ離れているので、コミックスからしてちょっと苦手ではありますが…。
特にギーヴとかキシュワードとか、何か違うんです…。
荒川さんの漫画(ハガレンとか)も好きですし、個人的に絵柄以外は素晴らしいコミカライズなのですが。



後半なんだかネガティヴな感想ばかりでしたが、原作が好きで期待しているが故です。
来週以降のバトルやアクションにも期待!

何はともあれ、ストーリーが動くのは来週からなので、しばらくちゃんと視聴してみようかなと思います。

にほんブログ村 アニメブログへ ←押していただけるとものすごく励みになります。



●アニメ「アルスラーン戦記」感想バックナンバー
アニメ「アルスラーン戦記」 感想 第一章「エクバターナの栄華」
アニメ「アルスラーン戦記」 感想 第二章「十四歳、初陣」
アニメ「アルスラーン戦記」 感想 第三章「黒衣の騎士」
アニメ「アルスラーン戦記」 感想 第四章「厭世の軍師」
アニメ「アルスラーン戦記」 感想 第五章「王都炎上~前編~」
アニメ「アルスラーン戦記」 感想 第六章「王都炎上~後編~」
アニメ「アルスラーン戦記」 感想 第七章「美女たちと野獣たち」
アニメ「アルスラーン戦記」 感想 第八章「裏切りの英雄」

アニメ化前に「アルスラーン戦記」の原作とコミックを振り返ってみた

Trackback

2015/04/08 (Wed) 23:08

アルスラーン戦記と言えば、自分が高校生の頃にロードス島とかと一緒に図書室に置いてあるのを見てスゲーな!と思っていた世代の私が通りますよっとw まさかの荒川先生によるコミカライズにも驚かされましたが、このスピードでアニメ化とかマジハンパねぇっすな\(◎o◎)/...

gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) - http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/39f2ec1e8926dc10c836b32f0a849fef
2015/04/09 (Thu) 00:41

原作:田中芳樹、作画:荒川弘。「銀河英雄伝説」「銀の匙」が好きだったので視聴。原作は読んでいませんがタイトルと、中世の話といえばヨーロッパ中心なんで違うのがやりたかった。ペルシア(今のイラン)をモチーフにした。という話は聞いたことあります。 冒頭の大群による戦闘シーンは「キングダム」を思い出しますね。でも主人公アルスラーンはアチラの信とは違いパルスの王子、跡継ぎのいわばボンボンです。性格も全...

こいさんの放送中アニメの感想 - http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2015/04/ars-1.html
2015/04/09 (Thu) 06:28

美少年をやりたいなら荒川弘じゃない方が良かったんじゃ……? EDを見てようやく売りのポイントがわかった気がしたけど絵柄とマッチしなくない? 青年中年の男たちの人気があるのはハガレンでもそうだった気はするんだが、 ともかく美少年だけは遠いよな。それが逆に少年マンガらしくていいのかもだが。 原作未読、どうやら王子が国を追われて取り戻すという感じの話になるようで。 戦争にも強くて...

真実悪路 - http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-5683.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。